国産吉野本葛・葛粉

¥1,252

国産吉野本葛・葛粉

¥1,252

サイズ:
Variant:
  • 説明

国産吉野本葛・葛粉

葛

元祖、日本の滋養栄養食品
美しい、美味しいをいただきます。

万葉集、枕草子にも詠まれた「葛」。古から人々の生活と身近な食材や薬として重宝されてきました。和菓子屋さんで目にする美しい葛菓子や丁寧に作られた胡麻豆腐の原料などとして、多くの食品に使用されています。秋の七草の一つでもあり、夏に咲かせる花は優雅な印象を与える一方で、強い生命力、繁殖力は他の植物を圧倒します。茎はツルとなって地をはいめぐり、樹木に巻きつき枯死させることもあるそうです。そんな野性味あふれる植物、葛。その花、茎、葉、根などを先人は上手に利用してきたそうです。



吉野生まれの本葛粉

葛

採取、製造は冬季限定。
今も天然原料を使用し、自然の力をかりて製造しています。

花、茎、葉、根とそれぞれに用途がひろがる葛ですが、根の部分には、豊富な炭水化物、イソフラボンなどが含まれています。特に寒い冬の間は、良質な葛デンプンが蓄積されています。この葛の根のデンプンを水だけで精製したのが本葛粉です。



葛

原料は野生葛の根だけ。もちろん国産です。

葛は、アジア原産のマメ科のつる性植物です。夏の間、その大きな葉を広げ、太陽のエネルギーをたくさん浴びて光合成を行い、根は土壌の養分を吸い上げ、葉に送ります。 葉が枯れる晩秋から冬にかけ、夏の間に作られた養分は根に注ぎこまれます。

毎年11月から翌3月頃、「掘り子」と呼ばれる職人さんが 奈良県近隣の近畿や九州の深山に分け入り、葛の根を採取しています。栽培された植物ではないため、有機JASなどの 認証はありませんが、まさに天然、自然、野生、そう本来の意味でオーガニックであることは間違いありません。



創業450年、森野吉野葛本舗での葛作り「自然製法

葛

質の良い葛作りの条件は、清洌な水寒い冬でした。


葛

森野吉野葛本舗さんでは、葛の根のデンプンを、気温がぐっと下がる冬の間に地下水だけで精製し、本葛を製造しています。初代が大和国吉野郡にて創業した後、数代を経て、1600年頃に現在の地へ移住されたそうです。創業の地が「吉野」ということで、吉野葛という名称が生まれたそうです。

以来400年以上を現在の地で葛作りを続けています。
寒い気候と美しい水、自然製法により、本葛特有の繊細さ、滋養、風味を最大限に引き出すことができるのです。



自然製法「寒ざらし」
加水、撹拌、自然沈殿、排水を計7~8回。
2~3週間かけて精製します。

掘り子さんから引き取った薄茶色の粗葛(葛の根を機械で粉砕し、繊維状にし水につけて取り出したもの)を、大きな水槽に移し地下水を入れて、撹拌します。葛のデンプンは非常に小さな粒子なのでゆっくりと時間をかけて沈殿してくるそうです。そしてアクやカスを含んだ上水を捨てます。二日間かかるこの工程を7回~8回繰り返し精製が完了します。精製過程の葛からも、とてもいい香りがしていました。


葛

その後は、じっくりと乾燥させ
滋養、風味豊かな吉野本葛の完成です。


葛

葛

良質なデンプンである本葛は消化も穏やか
胃腸への負担が少ないのが特徴です。

そして、なにより美味しいです!

葛は、古くからいろいろな食べ方があったそうです。食事として食べることも、菓子にして食べることも、そして薬として服用することもあります。風邪をひきかけたときや体調が優れず食欲が無いときは、葛湯をいただくことで、腸などの内蔵に負担をかけずに栄養を吸収でき、また身体をあたためることで発汗し微熱をおさえることもあるそうです。

普段のお料理には、片栗粉などのデンプン質の代わりに使用すれば、とろみがつくのであんかけや葛とじなどいろいろな調理にもご利用いただけます。また甘味として夏には葛もちや葛きりとして菓子や甘味としても人気です。


◯クックパッドで葛を使った料理を検索する
http://cookpad.com/%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94/%E8%91%9B

の豊かな風味食感をお楽しみください。
冷たく温かくしてお召し上がりください。


森野吉野葛本舗さまのご紹介


より大きな地図で 森野吉野葛本舗様 を表示


森野吉野葛本舗さまのご紹介

本店

旧伊勢街道(国道370号線)沿いにある本店は商品の購入から旧薬園のご案内も兼ねております。本店裏では、代々葛の製造が行われている本社工場が現在も冬季には稼働しております。


住所 奈良県宇陀市大字陀区上新1880
電話 0745-83-0002



森野旧薬園

森野旧薬園

本社工場の奥に広がる小高い裏山には、約250種類の薬草が栽培されている薬草園があります。約270年前、将軍徳川吉宗の時代に森野家11代当主が創設されたそうです。もともと薬草木を愛好し、研究をしていたことが幕府に認められ、漢方薬の普及という当時の国策にも貢献されたそうです。現在も当時と同じ様に、園内には薬草が栽培されており四季それぞれに鑑賞をお楽しみいただけます。営業は本店と同じです。


葛の館・西山工場

葛の館・西山工場

気候に左右されにくく安定して、衛生的に本葛の製造ができるように本店のすぐ近くに新しい工場を開設されました。こちらの工場では、最新の設備を利用しながら、今までと同じように、地下水や冬の寒冷な外気温を利用し自然の力を借りて製造を続けています。こちらでは、葛を使った甘味なども味わえる茶房葛味庵と直営店も併設されています。
住所 奈良県宇陀市大字陀区西山3
電話 0745-87-3011


森野吉野葛本舗の本葛を使用した
アロハスフーズラボの商品ラインアップ

潮風のこみちクッキー


元祖、日本の滋養栄養食品。美しい、美味しい葛をいただきましょう。




■オーサワの国産吉野本葛 いにしえ

国産本葛粉100%
伝統的な寒晒し製法
極寒の時期に寒晒しし一年間蔵で寝かせた

・より滑らかな舌触りや粘りがある
・数量限定品

 内容量:150g

【原材料】
本葛粉(国産)
【開封前賞味期間】
常温で2年
【開封後の保存方法】
開封後湿気を避け密封しお早めに
【調理法・使用方法】
葛湯や葛練り、葛切り、ごま豆腐、とろみづけなどに
【栄養成分表示】
100g当たり/エネルギー 347kcal
【アレルゲン】


■国産吉野本葛

 

国産本葛粉100%
伝統的な寒晒し製法
ブロックタイプ

■本葛粉ならではの、滑らかな舌触り ■葛湯や葛練り、ごま豆腐、とろみづけなどに


    内容量:150g、1kg

    【原材料】
    本葛粉(近畿・九州産)
    【開封前賞味期間】
    常温で2年
    【調理法・使用方法】
    葛湯(葛大さじ1に水1カップ、塩)、葛練り(葛大さじ5に水1カップ、塩)、、葛餅、葛きり、あんかけに
    【アレルゲン】